ANZXLO

【美肌】ローズヒップティーはマグカップ1杯でどれくらいビタミンCが摂取できるのだろう?

Tags:
185: メイク魂ななしさん 2011/08/27(土) 17:04:09.32 ID:8hCvPTmx0

夏は陽射し対策に一日3000㎎くらい摂るといいって美容の本には書いてある
これって一日の必要量の10倍以上なんだよね

何十年もこれを続けて美肌を保ってる人(皮膚科の女医さん)がいるっていう話だから
体に害が出る場合はもっと多くとったときっていうことかな

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/female/1304683565/

スポンサーリンク


 

186: メイク魂ななしさん 2011/08/28(日) 19:15:46.86 ID:4tmGkGKf0

なんでも摂取しすぎたら害にはなるわいな

水だって飲み過ぎりゃ死ぬんだし
死ぬほどのビタミンCを摂取するのは相当難しいんじゃないか

 

189: メイク魂ななしさん 2011/08/31(水) 23:51:36.73 ID:GKcLtPHzO
実際マグカップ一杯(ティーパックひとつに対しお湯180ミリリットル位)でビタミンCはどれくらいなんだろう?
ビタミンPに守られてるとはいえ、熱湯注いだらかなりのビタミンCが破壊されていそう

 

192: メイク魂ななしさん 2011/09/01(木) 15:52:50.30 ID:P36tiXYq0

>>189
わたしが購入してるお店のローズヒップティー(有機JAS認定) は、
100gで828mgのビタミンCが取れると公式サイトに書いてある
一杯つくるのに4g使うから、1杯で33.12mgか
もちろんメーカーによって差があると思うけど
(国内外のいろんなローズヒップティーを試してみたけど、味が全然ちがったりもするし、
栄養分にもかなり差がある。ぶっちゃけピンからキリまである)

ローズヒップが肌にいいってのはさ、
ビタミンCの含有量が比較的多いってのはもちろんだけど、
そのほかにも、
ビタミンA(βカロチン)・B・B1・B2、D・E・P、
ミネラル(カルシウム・鉄・マンガン)、
リコピン・ペクチン・食物繊維などなど、色んな栄養も豊富に含まれてるからなんだよね



スポンサーリンク

 

194: メイク魂ななしさん 2011/09/01(木) 16:07:25.36 ID:P36tiXYq0

ビタミンCの1日の摂取目安量は100mg~150mgだけど、
サプリなどの合成されたビタミンCは、体の中に吸収されにくい
でもお茶で飲んだりする天然ビタミンは吸収されやすい
Cに限ったことじゃないけど、
たくさんビタミンを摂取しようとして合成ビタミンを選ぶよりも、
良質の天然ビタミンを必要量とるほうが結果的には良い

ついでにいうと、ビタミンCは一度にたくさん摂取しても、どうせ過剰分が水分とともに排出されちゃう
一日3000㎎なんて大量にサプリで摂取したって排出されちゃってあまり意味はない

さらにいうと、ビタミンCだけを目的とするのなら、ローズヒップよりもアセロラの方がいい

 

207: メイク魂ななしさん 2011/09/11(日) 17:01:03.81 ID:AhIRf6OV0

ローズヒップ100gあたりのビタミンC含有量は942mg。(もちろんメーカーによる)
ttp://allabout.co.jp/health/healthfood/closeup/CU20041210A/

仮に1杯あたり3g使うとして、さらに含有ビタミンCが100%抽出されたとすれば
ローズヒップティー1杯あたりのビタミンCは28.26mgということになるから、
ビタミンCを1000mg採るには180ccのローズヒップティーが35杯半、約6.4リットル必要ww

まぁ、それはともかく、ビタミンCの必要摂取量は概ね100mg/日だから
ttp://web116.net/vita-c3.htm

この量なら上記計算の1割、0.64リットル3杯半でまかなえることになる。
当然、含有成分が100%抽出されるなんてことはないんで割り引いて考えなきゃいけないけどね。
1日3杯程度飲んでれば必要摂取量の何割か(抽出率相当)がまかなえる、てな感じで見てればいい。

というかね、ビタミンCを1日1000mg採るとかアホとしか言いようがない。
害はないとか言ってもね、なんであれ摂りすぎは体に毒と考えた方がいい。
踊らされちゃ駄目ですよ。

 

208: メイク魂ななしさん 2011/09/11(日) 17:05:43.66 ID:iUFZewre0
1000mgごときで取りすぎとか

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(生活)へ

Powered By 画RSS

コメントを残す